月刊気学&sheldlakeコラボ商品:オススメワインセット(赤・白)
other
6051a6959dbfee56205aef7f 6051a6959dbfee56205aef7f 6051a6959dbfee56205aef7f

販売期間
2021/03/17 10:00 〜 2021/04/20 23:59

月刊気学&sheldlakeコラボ商品:オススメワインセット(赤・白)

¥8,000 税込

送料についてはこちら

月刊気学と社会運勢学会代表理事を勤める村山佳徳様の経営するワイン輸入販売業「sheldlake」がコラボして、月刊気学読者様だけに特別なワインセットをご用意いたしました。 今回は月刊気学編集部がお願いをしまくって、送料、消費税込みという、無茶な要求を飲んで頂いて、実現しました。 ワインが苦手な月刊気学主筆の石川享佑も「これは飲める!」と軽く飲み干したワインです。 自信を持ってオススメします! (梱包・発送は株式会社sheldlakeが行います。また、商品に関する質問なども、株式会社sheldlakeに直接お願いします。月刊気学編集部では、お答えいたしかねます) 月刊気学&sheldlakeコラボ商品:オススメワインセット(赤・白) ■ワイン説明:赤 Carboniq 2019 [カルボニック 2019] 「Carboniq」は毎年100%マセラシオン・カルボニックで瓶詰めされるが、本ヴィンテージは例外。60%をマセラシオン・カルボニック、40%をクラシックに醸造したポルトギーザーで仕立て合わせたもの。2017に比べより濃厚でジューシー。軽やかでフレッシュながら、奥行きを感じさせる昼飲み赤! 南高梅、甘みのあるプルーンなど中心にフルーティな果実香。スミレなどにスパイス感の乗った香りも魅惑的。 非常に軽やかな口当たり。伸びのある酸と相まってジューシー&ピュアな果実味。控えめなタンニンながら味わい深さがあり、低度数ならではのフレンドリーさがまたワインの魅力に! ■ワイン説明:白 Rizling Vlassky 2018[ヴェルシュリースリング 2018] 2018年はヴェルシュリースリングの成熟が良かった年。多少水分不足だったが、その分糖分の生成がいつもより高かったとのこと。温度制御なし、全房で自然発酵。1日だけスキンコンタクト。アンフォラで6ヶ月の熟成。 白い花、グレープフルーツ、くるみ、はちみつ。クリーミーなニュアンス。様々なものを想起させるアロマティックな香り。 「透き通るような」「美しい」そんな言葉がすぐに思う浮かぶワイン。ピュアな果実味とドライな飲み口。口の中で綺麗にまとまる生き生きとした酸と控えめな苦み。塩気のある旨味とミネラル。軽やかな口当たりも相まって、ストレスフリーで飲み進められるワインです! ■このワインを造ったワイナリーについて 生産者:vino MAGULA(マグラ) こちらの記事もご参照ください。 http://note.sheldlake.com/entry/2016/11/11/190444 スロバキア共和国南西部、古都トルナバ。1931年から3世代に渡りワインを造りを伝承し続ける家族経営ワイナリー。 10ヘクタールの自社農園で、農薬や化学肥料を一切使用しないビオディナミ栽培。野生酵母による発酵と、人的介入を最小限にし酸化防止剤を始めとした添加物に頼らない醸造。 この土地の特徴をそのままブドウとワインに反映させることにこだわるMAGULAのワインは、その他のものとは一線を画す特徴的で芳醇な香りを湛える。瑞々しい果実味、そして体に染み渡っていくようなエキスは、そのワインが「大地から生まれたものだ」と確かに感じさせてくれる。